浮気に関するトラブル

業者が行う浮気調査というものは、張り込みや尾行調査を実施し機材を用いた証拠写真あるいは証拠ビデオの撮影により、浮気や不倫などの不貞行為の明らかな裏付けを得て報告書として提出するというのが通常のやり方です。

探偵事務所や興信所により様々ですが、浮気を調査する際に発生する浮気調査の金額を計算する方法として、1日につき3時間から5時間の拘束、調査員の投入を2名ない し3名、かなり難しい案件でも最大4名程度にするような総額パック料金制を設けており必要に応じてオプションが追加されます。

浮気に関するトラブルは昔からあるものですが、スマートフォンやSNSのようなコミュニティ系サイトの普及に伴って無数のコミュニケーション手段や異性と出会うための場所が存在するようになって浮気あるいは不倫へ簡単に進めるようになりました。

男性の浮気については、結婚相手に明らかな欠点はないというのは認めていても、本能の部分で常に女性に囲まれていたいという強い欲望などもあり、自分の家庭を持ったとしても自制心の働かない人も珍しくないのです。

男女が密かに会っても性的関係がそこに存在しなければ明らかな不貞とすることはできません。ですから損害賠償などを請求することを考えているならば明らかな裏付けが示されなければなりません。

コメントを残す