イメージして

漁ができる時期が設定されているので、ズワイガニの旬と言えるシーズンは大体冬で、季節としても贈り物にしたり、おせちの具材として利用されているということです。

現にカニと言うと身の部分を食することをイメージしてしまいますが、ワタリガニなら爪や足の身のみならず盛りだくさんの肩の身やカニミソを味わいますが、殊に新鮮なメスの卵巣は究極の味です。

家から出ずに良質のズワイガニをお取り寄せできるっていうの、楽チンですね。インターネットを利用した通販でしたら、他に比べて安い値段で手にはいることが意外とあるものです。

コクのある松葉ガニも寒い時期に食べたくなる水ガニもいずれもズワイガニのオスなのです。とはいえ、同然な甲羅のサイズでも松葉ガニの販売価格は高く付けられているのに対し、水ガニは予想外に安く販売されています。

どちらかといえば殻は軟弱で、調理しやすい点もありがたいところ。上質なワタリガニを入手した時は絶対に茹でるか蒸すかして味わってみると満足いただけると思います。

コメントを残す