ブランド性

「カニを口にした」という幸せな気持ちを実感したいならタラバガニという事だが、カニとしての絶品の味を確実に堪能できるのはズワイガニに違いないというもち味が在り得ます。

ブランド性が高い本ズワイガニの方が、桁外れに旨みを持っている上に精巧で、食べごたえのある大ズワイガニの方は特徴ある淡白な身が広量なので、思いっきり味わうには向いていると言えます。

身がたくさん詰まったワタリガニを食べる場合は「湯がくだけ」が一番だと思います。心持ち食べる時はしんどいと思いますが、何とも言えない味噌や身はその他の高価な蟹と同等以上の口当たりと味を感じさせてくれます。

息をしているワタリガニを湯がく時に、手を加えずに熱湯に放り込むと、脚をカニ自体が裁断して散り散りになってしまうため、熱くなる前に入れておくか、脚をひもなどでくくってからボイルを行う方が良いでしょう。

北海道で獲られた毛ガニは、外国産の物と対比させてみると風味が見事でどんな人でも驚きを隠せません。お金はかかりますが、珍しくお取り寄せするのなら、旨い毛ガニを頂きたいと思いませんか。

コメントを残す