文法や単語

最初から文法は必要なものなのか?といった応酬は四六時中されているが、俺が身にしみて思うには、文法を学習しておけば英文を読んだ時の理解速度が飛躍的に発展するので、後ですごく便利だ。

一般的に英会話は、とりあえず文法や単語を暗記するニーズがあるけれども、第一優先したいのは、英語を話すという目標というものをきっちりと設定し、無意識の内に作っている精神的な壁を崩すことがとても大事なのである。

英語そのものに個性的な音の連鎖があるのです。この知識を理解していない場合、どれくらいリスニングを繰り返しても全て聞き分けることが難しいでしょう。

私の時は、リーディングの訓練を数多くやることで、表現というものを蓄積してきたから、それ以外の3技能(聞き取り・筆記・発語)は、別々に一般的な英語の学習教材を2、3冊やるのみで差し支えなかった。

普通は、英和・和英辞書といった様々な辞書を有効に利用することは極めて有意義なことですが、英会話学習における初級の段階では辞典ばかりにあまり頼らないようにした方がベターです。

コメントを残す