放射能

学者、東電、政府でさえ放射能の因果関係について全く無知である。

(論拠も示せず、何の解決策も示せないのが何よりも証拠)「美味しんぼ」を批判する前に自分たちの無能さを反省したら良い。まったく幼稚な国だ。

よく考えてください(貴方には釈迦に説法ですが:笑)国や県の雁屋批判なんて、根拠のないただの感情論です、そもそも「風評」という意味を完全に、そして意図的に誤用しています。学者、東電、政府でさえ放射能の因果関係について全く無知である。(論拠も示せず、何の解決策も示せないのが何よりも証拠)

私が元技官としてもっとも主張したいのはそこなのですよ、例えば雁屋氏は今週の作品の中で鼻血の原因として放射能による化学変化論=過酸化水素論を述べています、非常に説得力のある「仮説」です。

 何より今なお1日2億4千万ベクレルの放射性物質が大気中に放出されている福島原発、そして汚染地域の広がり(米国による日本の農産物輸入禁止都県の拡大:農水省発表)を考えれば、福島(のみではないが)に人が住める状況にはないことはある意味常識だと思っています。