次のセンテンス

◆日本の公文書でもハッキリしている 
~国が関与していたことを示す史料~

慰安婦集めにしても、軍が要請したり移送させたり その許可をだしたりしていることは、日本国の公文書で ハッキリしてますよね
・支那渡航婦女の取扱に関する件 内務省発警第5号 
支那渡航婦女ノ取扱ニ関スル件 昭和13年2月23日 
・内務省警保局資料  支那渡航婦女に関する件伺  
1938年11月4日起案 11月8日試行 これらの史料は、次のセンテンスで述べることにも通じていきます
◆当時の日本の裁判でも、強制はハッキリしている これは強制そのものですよ
狭義の意味での強制だとか、軍の強制の関与だとか
そういうへ理屈の通らない話しです そして、そのことを証明するのが 大審院判決ですよ 輸送しただけでも「正犯」として 有罪にしているんですよ
※1937年3月5日の、大審院判決(もちろん日本ね)では だまして醜業に就かせる それを協議したり、輸送しただけでも「正犯」として 有罪にしているんですよ
それは慰安婦を業者がかどわかしのような違法な手段であつめ 上海に移送しようとしたんですよ