歴史の事実

こういった事から、「従軍慰安婦」や、その「強制」が あったとする事は、合理的なのです この事は同時に、上で花押の論証の例で挙げたのと同じく

慰安婦関連の証言や書といった史料の論証にもなるのです (それだけが論証する方法のすべてではないけどね) こうやって概ね、歴史の事実をあらわしているとみなされた ヤミ金取り立て書や証言を疑うなら 「論証しろ」という主張は、論理的、歴史学、科学のなんでもいいですが
それらに当てはまるものではない事がおわかりでしょう どうしても主張されたいのなら 逆に、書や証言が嘘だと証明しなければなりません ・・・。
こういう史料がたくさんあるから 従軍慰安婦問題、その強制は歴史事実であると証明されるわけだが いや違う、そんなものはなかったんだと否定しようとすれば どうやるかって話ね この手記を書いた、坂部康正っていう 海軍第25特別根拠地隊司令部付きの主計将校 当時の名簿なりなんなりを出してきて この坂部っていう人間がいなかったとか