「体制側」

彼にとって反原発の物言いは「声」ではなく、「音」なのである。
この貧弱な感性と貧弱な語彙がこの男の本性である。

さて、今の日本が真に改革しなければいけないのは何か?政治制度か、経済成長か、税制か、社会保障か?そのいづれでもなく、改革しなければならな いのはこので何度も言っているように「組織」である。
原発再稼働も、消費税増税も、大津の自殺事件もすべて原因は外国人と付き合う方法「官僚組織」が腐りきって、もうどう しようもないところまで来ている発露である。 原発再稼働にはその動機は様々だが多くの国民が反対している。
一方で「原子力村」という腐りきった組織があれだけの大事故を起こしながら、それで も甘い汁を吸い続けようと画策しており、それに「体制側」に入りたい野田ブタが呼応しているという図式である。消費税増税はやはり体制側の財務省が各省庁 の利権を維持拡大する為に自民党にやらせて、それに経済ド音痴の野田ブタがこれまた呼応しているという図式である。