月別アーカイブ: 2014年11月

自分の世界を持つ男は忙しく

まだ、こんなアホな箇所に修正いれてないのか。

20年の時を経て、エニックスと合併したスクウェア、社会人経験もある俺。

がいこつの肉に対する執着に全く進歩が見られません。

サガ2に出てくる、がいこつの肉は 人がいかに成長しないかという事をあらわしています。系統が近い顔でしたよね。

大塚愛の歌は、キュートな世界観ですので、劣化していって
しまうと説得力がなくなるのではないだろうか?

と思います。

なので大塚愛が心配でなりません。
ルパン三世のテーマにあるように男には自分の世界があります。

芸術家、思想家にその手の人は多いです。

自分の世界を持つ男は忙しく、孤高の美意識を持ってます。

幕末の思想家吉田松陰もその一人です。
危険人物と認定され安政の大獄にて29歳の若さで処刑されました。

彼は11歳の頃から藩で若手教育を任され、後に松下村塾を作り次世代を担う人材を育てました。

木戸孝允、伊藤博文、高杉晋作らを育てました。