いつどんな時でも即応できるように

近くにいたママさんが、すぐに男の子を安全な場所まで移動し、ブランコも停止しましたけど、乗っていた女の子は泣き出してしまいました。

まぁ当然だと思いますけど「このままだったら、この男の子を殺しちゃうかもしれない」っていう恐怖があったんだと思います。

この事件以来、いつどんな時でも即応できるように、一定以上の闇金相談 埼玉緊張感を保つようにしています。本当にそんなことが起きた時に、動けなかったらずっと公開すると思います。

ブランコの話、親御さんはしっかり見てなかったんでしょうか??
ブランコがある=危ない事が起こりうるかも知れないって予測はつくはずなのに…
しかも1歳半くらいじゃ歩くだけで危なっかしいから、目なんて離せないと思うんですが…
親御さんは、今流行りの『ママ友座談会』に夢中だったんでしょうか??

小さい子は危険予測が出来ません。
怪我をしたら大人の責任です。
例え、その現場を見ていなかったとしても、見ていなかった親の責任です。

公園に行けば色々な危険があります。
ブランコでは、なかいさんが見たような危険が、滑り台では高いところからの落下の危険が、ボール遊びしてる子がいれば、ボールに当たる危険が…まだまだ沢山あります。
そこに連れて行くからには親として子供の行動に責任を持つのは当たり前だと思うんですけどねぇ…。