経済政策

安倍政権の政策を批判するのは簡単ですが、その前に少し立ち止まって考えてみて欲しいのは、では結局口先ばかりで何も出来なかった民主党政権時代の方が良かったのか?という点です。

その問いに対しては多くの国民がNOなのではないでしょうか。 経済政策については、個々の事例で見れば「消費税が上がっただけで給与が上がっておらず、 闇金相談 青森私の生活は以前より厳しくなった」というご批判は当然にあるものと思います。
然し各種経済指数が示すように、少なくとも現時点では全体としては良い方向に向かっているものと言い得ます。
またそもそも経済的な政策は基本的に即効性はありません。企業の生産活動や投資活動、消費者マインドも含めた消費行動に、金利や為替、公共投資などの国策が相互に影響して動くものであり、1年程度で結論を下せるものではありません。 機密保護や集団的自衛権についても、議論が足りなく、内容に不備がある、といったご批判が出ることは十分に理解出来つつも、一方で現在の世界情勢に鑑みれば、何もしないで時間を浪費することそれ自体がリスクだと私は考えます。