ガブガブ飲んで

僕もそういうコーヒーで育ちましたから、今でもオフィ スではそうやってガブガブ飲んでいます。
そこに、80年代になってSTARBUCKS COFFEEが

シアトル以外にも出来はじめてコーヒーを飲む事が初めて一般的にクールでカッコイイことになったのは有名です。ヨーロッパ人が好む濃いめの エスプレッソなどのプレミアムコーヒーは、スタバ以前は一般的ではなく、スタバは正にアメリカにおいてはコーヒー革命を起こした企業なんですね。なので、 多くのアメリカ人にとって、スタバのロゴはとても思い入れのあるマークなのでしょうね。 スタバはアメリカ人にとってはシンボル的な企業でもある訳ですね。然し中国でスタバを見かける度に思うのですが、スタバの店舗戦略ってどうやって練っているのでしょうねぇ。兎に角、出せば良いと思っているような節も無きにしも非ずで、 浮気 証拠なんでこんなところに、という店舗もあったりします。今はあるかどうか判りませんが、以前は故宮の中にすらありました。。。中国にあるスタバは、米スターバックスが直接運営しているわけではなく、台湾の統一企業というセブンイレブンなどをライセンス展開しているところがやっているので、またちょっと考え方も違うのでしょうか。