通じるもの

本当に弱い人達を助けるならば何とか対応するはずです。
そこには節電で利権を貪れないからこのようにしてる気がしてなりません。

経済界に配慮しているのは確実ですが、経済界とて全面的に再稼動に賛成している訳ではなく、また経済という意味では国民経済全体にとって再稼動がプラスとなるのかどうかも未知数です。
ここでいう経済とは、大飯原発に依存している関西圏の一部に過ぎません。勿論、その方々の生活を守ることは大事ですが、プリウス 安く買うだからといって国民レベルで議論すべき問題を放置しておいて良いことにはなりません。
ある意味、沖縄の米軍基地問題にも通じるものがあります。あまり報道されませんが、残念ながら原発関連の裏にはアメリカの思惑との絡みがありますね。
東芝や日立の原発ビジネスに対する多大なる投資も、アメリカと 組んで今後も進めようとする国同士の絡みから抜けられません。ドイツのように、アメリカが脱原発路線を明確にできるまで日本は原発をやめられないのでしょ う。