ゴロゴロ

UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特徴があるため大気中に存在するオゾン層を通る際に一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、肌に良くない影響をもたらしています。
クシャミ、鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の主な諸症状は、アレルギーを引き起こす花粉の放出量に比例したように酷くなるデータがあるそうです。
高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果から、ワクチンの効果を見込めるのは、注射した日のおよそ2週後から150日くらいだろうと言われているようです。
V.D.は、Caが吸収されるのを補助する事が特に認知されており、血中の濃度を操作し、筋繊維の動きを適切に調節したり、骨を作ってくれます。
チェルノブイリ原発の爆発事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果をみると、大人と比較して体の小さな子どものほうが広まった放射能の有害な影響をよく受けることが明らかになります。
骨折したことにより大量に出血してしまった状態だと、血圧が降下して眩冒や冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、座っていても起こる失神などの色々な脳貧血の症状が出てくることがあります。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、体内における脂肪の占有している比重のことを言い、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、キログラム)×100」という数式によって算出することができます。
歳を重ねることに縁る耳の聞こえ辛さでは段階を経て聴力が落ちていきますが、一般的に還暦を超えてからでないと耳の衰えをあまり自認できないのです。
体脂肪の量には変動が見られないのに、体重だけが食物の摂取や排尿などにより一時的に増減するような時、体重が増えたら体脂肪率は低下し、体重が減った人は体脂肪率が高くなるのです。
心筋梗塞というのは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の幅が狭まり、血流が止まり、酸素や色々な栄養を心筋まで届けられず、ほとんどの筋繊維が壊滅状態になる深刻な病気です。
めまいは出ないのに、強い耳鳴りと難聴のみを幾度も繰り返すケースの事を区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メヌエル病」という名前で呼ぶ場合もあるのです。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常なら人の体をガンから保護する役目を果たす物質を作出するための金型のような遺伝子の異常で発病するということが分かっています。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、本人だけに聞こえるのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血流のように当事者以外にも高性能のマイクロホンなどを使用すると響いているというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が異なります。
脂肪過多に陥っている肥満は勿論あくまで栄養バランスや食生活の質、運動不足などが誘因ですが、一緒の量の食事であっても、かきこむように食べ終わる早食いを日常化することで体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招く可能性が高まります。
毎日の折り目正しい生活の継続、腹八分目を志すこと、適切な体操など、古臭いとも言える体に対する注意が皮膚のアンチエイジングにも役立つといえます。