グラフト

様々な花粉症の緒症状(水っ洟、鼻づまり、くしゃみ等)のために夜よく眠れない場合、それが因子になって睡眠不足の状態になり、次の日のすべての活動に良くない影響を与えることもあります。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な措置ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」の二者の術式が活発に活用されています。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、毒が極めて強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒力があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つがあるのです。
加齢に伴う難聴においては時間をかけて聴力が低くなっていきますが、通常60歳くらいまでは聴力の減退をきちんと認識できないのです。
1回歯の周りの骨を減らすまでに放置してしまった歯周病は、原則症状そのものが沈静化したとしても、失ったエナメル質が元通りに構築されることはないでしょう。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する長期間に及ぶ追跡調査のデータからは、成人に比べると若い子どものほうが漏れた放射能のダメージをより受容しやすくなっていることが見て取れます。
ロックのライブの場内やクラブハウスなどに備えられた大型スピーカーのすぐ側で爆音を聞いて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と称しています。
必要な栄養を網羅した食生活や適切な運動は当然ですが、ヘルスアップや美を目的として、栄養を補うために色々な種類のサプリメントを服用する事が珍しくなくなっているのです。
季節性インフルエンザのワクチンでは、膨大な研究の成果によって、注射の効果を見通せるのは、ワクチンを注射した日の14日後くらいから150日間ほどということが明らかになりました。
子供の耳管の作りは、大人のそれと比較して太めで長さがなく、尚且つ水平に近いため、バイ菌が潜り込みやすくなっているのです。小さな子どもがよく急性中耳炎を起こすのは、この作りが関係しています。
健康を推進する世界保健機関は、有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎが皮ふ疾患を誘引する可能性が高いとして、19歳未満の若い人が日サロを利用する行動の禁止を世界中に勧告中です。
針を体に刺す、という物体的な程よい複数の刺激が、神経細胞を活性させて、神経インパルスという呼称のいわば電気信号の化学伝達を誘引するという見方が浸透しています。
男性にしかない前立腺はその成長や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても深く関係していますが、前立腺にできてしまったガンも同様、雄性ホルモンの機能によって肥大化してしまうのです。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通ならヒトの身体をガンから保護する作用をする物質を産出するための型のような遺伝子の異常が引き金となって発症してしまう病気です。
気分障害のうつ病というのは脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが不足し、不眠、憂うつ、強い疲労感、食欲低下、焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの深刻な症状が2週間以上続きます。