波長が短い

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森の杉やヒノキ、マツなどの木や草の花粉が素因となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を生ずる病気として認識されています。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があり、大気中に存在しているオゾン層で一部が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のDNA(遺伝情報)を損壊するなど、皮膚に悪い影響をもたらすのです。
体を撫でることなどで、当事者がセラピーアニマルのことをとても可愛いと思った時にオキトキシンというホルモンが分泌されて、ストレスの低減やヒーリングに繋がっているのです。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂の分泌異常が誘因で引き起こされる発疹で、皮脂分泌の異常の主因としてはアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの乱れ、ナイアシンなどビタミンB複合体の枯渇等が関わっています。
欧米諸国おいては、新薬の特許が切れてから約30日後には、市場の約8割がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に変更されるというクスリもあるほど、ジェネリックは世界中に知られているのです。
人の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分類できますが、中耳のところにばい菌やウィルスなどが付いて炎症が発生したり、液体が溜まる病を中耳炎と言っています。
脚気(かっけ)の症状としては、主に手や脚が無感覚になったり下肢の浮腫みなどが目立ち、進行すると、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全をもたらすことがあるのです。
常在細菌の一種であるブドウ球菌(英:staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が極めてきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つになります。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、身体の中の脂肪の占めている比率で、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(キロ)×100」という計算によって弾きだせます。
男性だけにある内臓の前立腺はその生育や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが非常に大きく関連していますが、前立腺に発現したガンも同じように、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンに影響されて成長してしまいます。
ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)やV.E.(ビタミンE)などとは異なっており、細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化しにくくする効果に優れているのです。
ストレスがかかり、蓄積していくプロセスや、有用なストレスを緩和する方法など、ストレスに関係している正確な知識をお持ちの方は、それほど多くはありません。
脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みのブロック、覚醒現象などを操作しており、大うつ病(単極性気分障害)の患者さんでは働きが弱いことが科学的に判明している。
体を動かすのに必要なエネルギーの源としてすぐに役立つ糖、細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、激しい痩身ではこの2種類に代表される体をキープするために絶対必要な成分までも欠乏させる。
バイク事故や高い所からの落下など、かなり大きな負荷が身体にかかった場合は、複数のポイントに骨折がみられたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、加えて臓器が破損することもよくあります。